2009年01月24日

伝わらない?

練習は裏切らない!

野球を上手くなって欲しい!

だからいけないとわかっているんだけれど・・・

つい教えてしまう。

手取り足取り教えてしまう。

でも出来ない。

言ってることが伝わらない。

たくさんの言葉を使って、考えて、選んで、優しく丁寧に何度も、何度も・・・

時には腹も立ちます、声も荒げてしまったりもします。

でもそう簡単には伝わりません・・・

100球、1000球、5000球打ちます!

その時が突然訪れます!

急にパッと!子供の顔が明るくニヤっと!なります。
あー分かった!こういうことなんやー
なるほどねー(笑)

だから前から何回も教えたやん!

やっとかいなー

・・・て気分です。

最初は伝わりません。でも100球打てば貯まります。1000球打てばもっと貯まります。打てばどんどん貯まります!

聞いてただけのものが、突然理解します。

分かることが出来るようには、頭じやなくって数打ちゃ分かります。

当たり前か(笑)

まだ伝わらないことも、あと何球か打てば分かってくれますよね(笑)
posted by 肉団子3兄弟 at 00:44| Comment(14) | TrackBack(0) | 野球考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

あっ!打て!

今日の話は勝手な思い込みかも知れません。
そんなの当たり前なのかも知れません・・・?



何だかんだ言ってもバッティングはタイミングですよね。^^

ピッチャーが、投げるまでのホームのどこかにきっかけを作ってシンクロするのが一般的でしょう!

しかし、想像以上のスピードで空振り・・・

しょうがないから始動を早めます!

それでも空振り・・・

スイングスピードが遅いのかと悩みます。

反応が遅いのだろうか?



ピッチャーの手から離れたその時!

頭の中で、あっ!打て!

そして身体が反応・・・

それじゃ遅いんです!


何時でも反応出来る準備をしてピッチャーにシンクロする。

そして手から離れた瞬間振る!

当たり前だと言われたらそうなんですが、子供達は出来ていないんじゃないでしょうか?

幼児にバットを持たせて、ボールを投げてやると、ボールが来る前にバットを振ってしまったりします。

なんで遅くなるんだろう?

見たら打て!

あっ!打て!と考えるから遅れる、考えるから力む!

簡単な事だよ、誰でもやってるよ!


ほんとうに?
posted by 肉団子3兄弟 at 23:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 野球考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

手を回せ!

少年野球の先輩のお父さんに教わりました。


(右投げの場合)左手を胸の前で人差し指を上にしてパーで構えます。

そして反時計まわりに回転させて人差し指を下に向けます。

次は反対に下から時計まわりで上へ。

後はこの繰り返し。

体が覚えてきたら、今度はボールを投げてもらって掴みます。

家の中でも出来るし、新聞紙や、靴下を丸めたやつでも出来ます。

この手を回転させる動きを低学年からやって、体に刷り込めば 野球のがもっと楽しくなることでしょう!
教わらなくても出来る子はいいのですが、出来ない子はゴロを捕る時、上から下にギロチンガッチャンで間に合わなければトンネルですよね。

中途半端に覚えてしまっている子は、「グローブは、下から出せ!」って怒られてて可哀想になります。

癖になってしまうとなかなか治りませんよね。

なんとか低学年のうちに覚えて欲しい一つです。



先輩のお父さんには感謝しております。

言われるまで出来て当たりまえだと思っていました。
侮っていた自分に反省したのを覚えています。

善意のリレーにつとめています。

出会いに感謝も忘れません。


これからも皆さんよろしくお願いします!
posted by 肉団子3兄弟 at 12:16| Comment(12) | TrackBack(0) | 野球考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

低くなれ!

内野手のゴロを捌く時、「低くなれ!」とアドバイスされます。


それには正しい基本姿勢が当然あるのですが、なかなかマスター出来ない。

体の筋力や、柔軟性とかの問題もあるでしょう。

でもね、小学生の特に低学年の場合は球への恐怖の問題が大きい様に感じます。

速いゴロの場合は、まだ届いてないうちに腰が引けてたりもします。



こんなことを考えてみました。

遠くから近寄って来る動いているもの例えば車や、電車や、飛行機なんでも手元に来るまでは遅く感じます。

でも手元に来たときは、突然速くなったように錯覚します。

キャッチャーは速い球でも捕れます。

ファーストも速いゴロ顔の前で捕るほうが簡単です。



こうやってみてはどうでしょう?



低く構えてみます。

まず目を馴らす。

捕らなくてもいいから凄く低い姿勢で飛んでくる球を見て当ててみる。

グローブで当ててみる。

極論、目より前で受ければ結構遅く見えるはず。

それを知ってしまえば、ドン!と余裕が出来るじゃないかな?

基本姿勢を覚えるのはそれからでも遅くないかな?
posted by 肉団子3兄弟 at 15:15| Comment(20) | TrackBack(0) | 野球考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

肘の使い方

右肘(右打者)の使い方のヒントをまた考えてみました。

グリップエンドから打ちにいくとどうしても肘を絞ってしまい、そこから肘を伸ばさないといけないし、コックを解く為には、バットのトップは最後の最後に凄い距離を動かないといけないことになります。

そして振り遅れてしまう。
子供達は、「振り遅れてる」と言われたら、タイミングを早くしてしまいます。

それでは肩を開いてしまい遅い球には対応出来ない。
そこで考えたのは、

トップから肘を降ろす時に鋭角だった肘の角度を、鈍角にしていく。

その流れで腕とバットの角度を解きながらインパクトに向かう。

このほうが、バットのトップは最短距離で動いているのじゃないにかな?

長い棒でやると解りやすいですよね。

グリップからいくと相当重たいですもんね(笑)

皆さんの考えはいかがしょう?

間違っていましたら教えて下さいね!
posted by 肉団子3兄弟 at 17:39| Comment(18) | TrackBack(0) | 野球考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。