2009年11月10日

やってみるもんだ!

2号とバッセンに行ってまいりました。

いつもの1時間貸切1000円です。^^

最近週1のペースで通えていますので、
状態の変化が掴み易いです。

そして考えたのが、
肩の開きの矯正は諦めよう!

治りませんし、それも個性かな?(笑)

プロの選手でもめちゃめちゃ開いている人が沢山いますし、
ちゃんと結果を残されています。

では、2号は何故打てない?

タイミングは捕れてます。
しかし挿し込まれている!

結局ヘッドスピードを速くしないとダメなのか?
ってところで先週までは解決してました。

そして昨日・・・

2号が何を思ったのか?
天秤で打ち始めました・・・

なんと芯でバンバン打ってる!

当てるだけでなく、腰も入って振り切ってます!

なんだよそれ!なんでそんなに変わるんだ?
あらーー軸がブレてない。
肩も開かない。

なるほど・・・
どうやら2号の軸は背中にあったようで、
天秤だとブレないし、上下動すら安定するみたい。

天秤を身体に刷り込んで、
手でイメージしながら、何時もの構えにすればちゃんと
挿し込まれない!

やってみるもんだ!
posted by 肉団子3兄弟 at 18:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

先日のバッティングセンターでの一コマ。

2号が左打席へ・・・

カキィーン!

本人も1号も私もビックリ!本来の右打席でさえ最初は当てるのがやっとだったのに?

目が馴れてタイミングを掴んだるのを差し引いてもそんなに簡単に当てれる?
まあ同じタイミングで飛んで来るバッティングセンターの球だからそう大袈裟な話しでもないですが、左あるかな?と思う様な当たりを連発してました。

利き目が右のせいか?右打ちよりも肩を開きません。インコースもまるで松井稼頭央バリに上手く回転します。(言い過ぎ)

小さい頃から器用に当ててたので何度か考えたんですが、思い切る機会は廻り合いませんでした・・・
特別足が速い訳でもないですしね。

左がいいのかそのまま右がいいのか?

右投げ左打ちの人のきっかけはどうだったんだろう?
posted by 肉団子3兄弟 at 11:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

バッティングセンター

1号と2号を連れてバッティングセンターに行ってきました。^^

この組み合わせでバッティングセンターに行ったのは何年ぶりだろう・・・?(3号は自主練で走りに行ってしまった。)
120kmのゲージを借り切ったんですが、これが実に速い!もしかしてそれ以上出てそうなぐらい速い!

まず、3人で1ゲームづつ誰が1番芯で捕らえられるか?! 勝負しました!

結果は私が勝利!^^1本だけど完璧に捕らえたんですよ!父親の面目躍如でした。(笑)

その後2号は流石現役、だんだんタイミングを掴みだし、いい当たりを飛ばしてました。速すぎて練習にならないかと心配しました。(笑)
1号は、「もう目がついていかん!」と隣のゲージに移動して90kmを気持ち良さそうに打ち返しながら・・・「野球って楽しー!」と叫んでました。(笑)

2号はかなり打ち込み、「割れ」と「ステイバック」が実感出来たようです。( ̄〜 ̄;)いつもながら、ずーっと言ってきたのにもかかわらず身体でしかわからない・・・想像力あるのかなぁ?

野球バカ親子でした・・・(笑)
posted by 肉団子3兄弟 at 11:50| Comment(14) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

盲点

2号の持病肩の開き。

なんとか治すべく、いろいろ取り組んできました。

肩が開く為にバットのヘッドが遅れてしまいます。
必然的にポイントが近くなります。 振り遅れてバットがボールのラインに直角になりきれない。 結果、右方向に飛ぶか左方向に飛ぶ場合肘を抜いたり、身体全体を開く羽目に・・・センターに飛ぶ場合凄いヘッドスピードで補ってたまたまなんとか飛ぶ感じ。 とても狙ってセンター返しとは呼べない。

こんな感じだから、ついつい肩を開かせない方法論を求めてばかりでした。

1時間打ち放題のバッティングセンターでの事・・・
どうせタダなんだから、空振りしてもいいから始動を早くしてポイントを出来るだけ前にするドリルをやってみました。

気持ち良く空振りしているのを眺めてて・・・



肩で回っている! いくら下半身を先行させてても回転の意識が肩だ!手も、バットも付いてきているだけじやないか!

あらー(涙)盲点だった・・・

そもそもバットにボールを当てるだけなら、素人の女の子が振る様に全く回転しないで横振りでも当たります。(この辺についてはmetooさんありがとう!)

但し飛ばない。

回転は遠心力で飛ばすために。
そして捻り、溜めはそれを増幅する為に。
遠くへ飛ばす為に不可欠な要素です。

タイミングよく飛ばし、確率を上げていくためには肩を開かせない事が最重要!その為に気付かなかった盲点・・・自分でも当たり前にやっていたのに気が付かなかったのは手だけで打て!

肩をそのまま手だけで打つ!

下半身でタイミングをとり、腰を切ったら肩をそのままに保ちトップから切り返し手からスタート!

当たり前でしょ?それが2号は出来なかった。

肩でスタートしてました。(涙)回転を、軸を意識し過ぎてました。

肩を開かせないんじゃなく、手で待ち、手でバットをボールにぶつけるまで肩は待ってやる。

冗談の様にポイントが前に行きました。(笑)

なんで気付かなかっただろう・・・
posted by 肉団子3兄弟 at 17:03| Comment(12) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

スピード

息子肉団子2号の中学野球部の普段の練習メニューは、主に試合形式のバッティング練習です。

3年生部員が19名なので、2チーム分出来ますから無駄なく配置してます。

オーダーの9番が1塁ランコー、8番が1塁ランナー、7番が2塁ランナー、6番が3塁ランコーをやります。
つまりランナー付きの試合形式になります。

バッターは2打席づつで、1打席目が1・2塁、2打席目が2・3塁にします。
2号の野球部の監督は、3年生の担任教師なので多忙なので不在が多いようです。
部員だけでの練習が多いのが実状。

マイナス面は次回に書くことにします。

なかなか楽しんでのびのびやっている模様。

常に盗塁を意識した離塁、それを刺そうとする投手・野手。

打撃に反応して意欲的な走塁。

紅白戦に近い状態なので、勝つための打撃を意識。

勿論、暴走や守備側の判断ミスが山ほどあります。

緩い状況が幸いしているのか、判断のスピードがとても速いんです!

2番目のランナーの本塁への意識、オーバーランを見逃さない送球!躊躇がないのが気持ちよさそうです。
見学に行った日は、3年生の早退者が多数出たために2年生が代わりにポジションに入りました。

実感、1年の差はこれ程なのかと感じビックリしました。

捕ってから投げる速さが雲泥の差。

反応してからあっという間に投げる3年生!

センスは身に付ける事が出来る!

もっと伸ばしてやりたい!

運が向こうから来るのか、掴みに行かないといけないのか?

不遇な気持ちまた語ります。
posted by 肉団子3兄弟 at 01:36| Comment(16) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

かわいい奴2^^

今日も来てます。^^
 
HTくん!
 
 
2号とティーで、自主練!
 
腰のレベル回転と右膝の送りが改善しました。
 
HTくんのとてもいいところは、素晴らしい瞬発力!
 
60cmのバットで振ってるせいもありますが凄い回転スピードです。
 
これからますます楽しみになってきました!^^
 
 
posted by 肉団子3兄弟 at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

かわいい奴^^

2号のチームメイト、HTくん!

とっても可愛い子なんです!

顔?じゃないんです。(笑)

何時も全力疾走!

何時も元気溌剌

ノックをやるぞ!って言や大喜び!

バッティングを教えて欲しいと、家に押し掛けて来る!(笑)

とにかくかわいいんです。^^

でもちょっと不器用なHTくん。

個性的なバッティングホームだったので、少しアドバイスしたんです。

どんなに個性的かと言うと、典型的なペケポン!
右打ちなので、左足と伴に振り出してコックし過ぎて、インパクトにヘッドが間に合わない・・・

構えて切り返しの段階でコックが、90度位からいきなり45度位に入ってしまう・・・

荒療治にでました。

構える時は160度位にさせてみました。つまり、神主!

左肩が打ちに行く時上がるのを平行にさせてみました。

一時しのぎでも結果が出てるみたいです!




1号もアドバイスしてました。

高めは、打てないみたいだから、帽子を深く被って高めを消してしまえ!

これハマったみたいです!(笑)
posted by 肉団子3兄弟 at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

ビフォー・アフター!

お待たせしました!(待ってない?)

ビフォー・アフターです。



まずは、ビフォーです。





先輩くんに見て頂くと・・・・

構えたとこからヘッドが入ってしまう。
余程力がないと、間に合わない。

右膝が割れてしまっている。

足で踏み込んでしまっているので、ピッチャーに近寄ってしまい詰まっている。

溜めがない。

腰がぜんぜん回転していない。


知ってました。

分かっていたのに私のアドバイスでは直らなかったんです。(涙)


そこで先輩くんのアドバイス!

右のつま先はボールに対して直角

 → 膝が割れにくくなります。

手首から先の角度を変えないようにして、肩を地面に平行に保ち肩ごとテイクバックする。

 → あら不思議!ヘッドが入らない!(入れるなと言うと、余計に入ってた・・・・

お尻から体重移動しろ!

 → 勝手に溜めが出来てる!
 → 腰が勝手に回ってる!
 → 突っ込んでない!

禁止事項なんて伝えてません。

こうしたら?って言っただけです。

バッセンで、2号はへらへらしっ放しです。

「めっちゃ打てる!」

「なんでーーーーー?」



では、アフターです!
 








まだまだ、治さないといけないところはありますが、本人曰くぜんぜん違うそうです。

喜んでいます。



親父かたなしです・・・・




デジカメ凄いです!

新しい機能に気づきました。

ポーズボタンを押せば、超コマ送りになります。

2号とも確認しましたが、まだバットが寝ています。

先輩くんにきいとかなくちゃ! ルン♪ (笑)




posted by 肉団子3兄弟 at 22:52| Comment(14) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

ハイスピード撮影


なんとか苦しみながらアップしました!

とりあえず2号です!

悩みが深まりながら練習あるのみ!


posted by 肉団子3兄弟 at 22:32| Comment(14) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

見学

先日、2号とそして3号が入部した野球部の練習を見学してきました。

この日のメニューはエンドラン!

紅白に分けての試合形式でやっていました。

?・・・なんだか成功率が悪いゾ?

ありゃー(笑)

みんな力一杯振っちゃってる・・・

不器用な子たちです(涙)


ピッチャーには、珍しく2号が入ってました。

相変わらずコントロールが悪い(涙)

何人かに当ててしまって、申し訳なかったです。

原因は、肩の角度が地面と平行になってしまい、ボールが左右に散らばってます。

ちょっと角度をつけるだけでなおります。 しかし、直ぐに忘れてまた元通り・・・

いっそサイドにしちゃうのがいいのかなぁ?(笑)
posted by 肉団子3兄弟 at 11:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

てこ?2

先日の記事は、腕の動きだけにこだわつてしまいましたが、下半身と上半身の間にも同じ理屈があると感じ、捕捉させていただきます。

下半身から動きだした、腰の回転にブレーキがかかり、そこから上半身の動きに移る時にもてこの様な状態が起こり加速する。
そして、肩、腕に起こり、バットが手を追い越す。


例えば、紐の先に錘がついた振り子があります。
左右に振られている紐の中程を指で遮ると、錘のスピードは加速します。

この状態に近い動きが出来ると、非力な者でも自力以上のパワーが得られているのでは?と考えました。


これが私が出来る精一杯の説明です。

みなさんのご意見を伺えれば幸いと感じます。
posted by 肉団子3兄弟 at 00:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

2号の持病

肉団子2号の現状・・・スイングの悪いとこ。


右打者の場合、右膝折る様に中に入らない子供が多い気がしません?

つまりステイバックしておきながら、股関節で腰を回転させれていない?

肩を開かないで腰を回転させる為には、膝を内転させて捻り込む。


これが出来ない!



新米監督ゆうすけさんにアドバイスを頂きました。



構えている時の姿勢の膝先が足のつま先より前に出ていた!

つまり体の重心が前過ぎた!


全快とはいかないまでもずいぶん良くなりました!



持病の肩の開もこれで治るかも知れない!


右肘の使い方を治せるか!


腰の回転が少しスムーズに成りかけているのに、どうしても腕力で打ちに行く余り、グッリプから打ちに行ってしまってます。

おかげでピッチャー方向に突っ込んでしまい、ヘッドは遅れて詰まったり、打ち上げてしまいます。


こう考えています。


右肘の先をピッチャーに見せないで、自分のお腹に肘うちする様に落とす。

そうすれば、後は左腰に引っ張られてバットを振るだけ。



持病解消なるか!

posted by 肉団子3兄弟 at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

ティーバッティング

ティーを上げ始めてもう何年になるだろう?


1号が4年生の頃からだからもう7年になりますか・・・


100万本ぐらい上げたでしょうか・・・・なわけないか^^

でも結構上げたのは上げたよなぁ・・・





最近疑問を感じます。

効果が無いはずはありませんが。

副作用もあるんじゃないのかな?




ティーは普通斜め前から上げますよね。

子供はどうしても迎えにいってしまう。

放物線を予測して、ちょうどベルトラインにきた時に溜めて打てればいいのだけれど、そのタイミングを掴むのにはなかなか言葉では伝わらない。



色々考えました、雑誌や専門書からヒントを頂き。


脚立に登って(バッティングポイント)上から落したり。

(バッティングポイント)の真下から飛び上がって来るようにトスアップしたり。(かなり危険)

なんとか打てるようになっても、今度は肩の開き過ぎにぶち当たりました。


これが難病でいまだに煩っています。


斜めから来るので少々開いても当てることが出来てしまいます。



もう上げるのは引退しました・・・・



スタンドティー君にお願いすることにしました。



もちろん前からも使っていましたけど、それは親父がいない時用でした。

いっぱい上げたのに報われないな・・・(TT)






続きを読む
posted by 肉団子3兄弟 at 20:04| Comment(19) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

雪解け

肉団子家族は誤解ないように言っときますが、基本楽しい家族です。

しかし野球狂親父にありがちなように(勝手に決め付けてます)とても熱い自宅練習の日々でした。
エキサイトし過ぎたために、半ば怒り狂う毎日が続いたほどに・・・
(もちろんちゃんと反省しています。)

肉団子1号は、親が言うのもなんですが(クソがつくほど)まじめな子なので練習は、一生懸命やってました。
ちょっと不器用なので、自分で理解できないとフリーズ状態に陥ります。それでも頑張るもんですから親子で煮詰まったりしてしまた。
肉団子親父はヘボであり、伝え方もままならずかわいそうなことをしてたかもしれません。

中学生になり、同じチームの中学部(硬式クラブチーム)に進みました。
中学部には、よそのチームに自慢できるくらいのスタッフに恵まれていて、1号も尊敬出来る大コーチ方と出会ってしまい、スタッフのみなさんも小1の頃から(1号を)知っていただいていたので、とても可愛がっていただいていました。

もう肉団子親父の出番は終わりました・・・・・

それから(野球の技術のみの)親子断絶が始まりました。・・・・




それが先週、2号と(猫の額ほどの)庭でティーバッティングをしていたら・・・  


「俺も打たして」と1号・・・


何年ぶりでしょう(喜)久しぶりに親子練習!

しかし、1号のスイングは最悪の状態・・・ さっそく大改造です。

全然聞いてくれなかった親父の理論(そんな大げさなもんではありません)にも耳を貸し、素直に取り組んでくれました。

小学生の頃に苦労した理屈も今までのスイングの量と、さすがに高校生にもなれば少しのお頭の進歩にも助けられて瞬く間に素晴しい快音に変わっていきました。
それは1号の笑顔が物語っていました・・・・

ちょっとひねたけど、あの頃の笑顔と変わってはいませんでした。
posted by 肉団子3兄弟 at 23:19| Comment(19) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

バッセン恐怖症

先日2号と、3号を連れてバッセンに行きました。
まず、2号が打ちました。相変わらず肩が開きます、続いて2号が打ちます。兄弟ですね、やっぱり肩が開きます。
それを2号と見ながら、「おまえも同じやぞ!」2号絶句・・・・
その後2人で繰り返して打ちました。
すると・・・3号は、(監督も認める)野生児ぶりを発揮して、打席ごとに修正してきます。
それを見た2号・・・「俺、バッセン恐怖症になりそうや・・・」
素直なんだけど、不器用な2号・・・悩んでしまいました。(涙)
posted by 肉団子3兄弟 at 23:09| Comment(10) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。