2010年01月25日

足のアプローチ

素振りをやるのは不可欠・・・・

当たり前のこと・・・

子ども達の素振りを見ていて思うのは、

腕力を鍛える為のドリル?

テニスは素人ですが、テニスの素振りを見ていると、

足のアプローチを大切にしているような?・・・

野球よりはイマジネーションでもっと球を意識しているような?

子ども達にノックをさせてみるとよく分かりますが、

上手く打てない子は足を下ろすのと、バットを振るのが同時になってしまいます。

タイミング、間、切り替えし・・・

色々考えないといけないんですね・・・

でもとりあえず、足のアプローチ大事にして欲しいなぁ・・・

posted by 肉団子3兄弟 at 09:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 野球考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女性と知り合う機会を作ろうと、
テニスにハマっていた時期があります(>_<)

動いて、ボールを打ちにいくのですから、
当然フットワークを習いました。
後ろ足から入って、前足に体重移動。
サーブレシーブでは、スプリットステップ。
こう書いていくと、守備にも使えそうな技術がいっぱいですね。

打つ方も、バッティングの感じで打っていたので、
フォアより両手打ちで打つバックの方が得意でした。
ちなみに家内は、テニススクールの受付でした。
Posted by 穴金空歩人 at 2010年01月25日 10:31
穴金さんコメントありがとうございました!
いろんな意味でテニスもやってみるもんですねー^^
勝ちに行く時はライジング?で打ちに行くんですよね?
守備も勝ちに行って欲しいですよねー!^^
Posted by 肉団子3兄弟 at 2010年01月25日 11:52
野球の打撃でのスイングは、まあいろいろありますが。
突っ込まないのが私、ケロの親子の様な凡人に一般的ですね。そうすると下半身始動の動きのイメージがつけにくいと感じる私です。
テニスの素振りのように膝を運んでから振れれば感じを掴みやすいと思うのですが・・・と凡人の考えです。

いろいろなスポーツをやらせるのも、やはり良い事なんでしょうね。
Posted by ケロの父 at 2010年01月25日 12:01
ケロの父さんコメントありがとうございました!
ケロくんのスイングは何時拝見しても感心させていただいてます!
力みを感じさせないスイング。羨ましいですよ!
Posted by 肉団子3兄弟 at 2010年01月25日 16:18
回数をこなすことが”目的”になっちゃってる面があるなぁ。。。と反省してます。

素振りのスイングと、打席でのスイングが全くちがったものになっているのは、素振りのときにボールをイメージできていないからなんでしょうね。。。小猿くんの頭の中に入って、イメージをコントロールしたい!っていう衝動に駆られちゃいます^^;
Posted by PAT at 2010年01月25日 22:34
PATさんコメントありがとうございました!
子ども達は一生懸命素振りしているのに、力みを養成してるみたいに見えるんですよ(笑)
>小猿くんの頭の中に入って、イメージをコントロールしたい!っていう衝動に駆られちゃいます^^;
それだけ小猿君に付き合ってるPATさん偉い!
Posted by 肉団子3兄弟 at 2010年01月27日 07:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139289530

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。