2009年02月04日

10cmの爆弾

「10cmの爆弾」

昔、愛読していたボクシングマンガの必殺技でした。

力を入れて机を叩く時、
釘を打つ時、
以外と、自力で力を入れるのは、距離がない方が入りやすい?

投げる時振りかぶります、
バットを振る時も、
ハンマーを振る時も振りかぶります。

事前動作が必要なのは、重い物を振るから?

バットを振る時に、力が入り過ぎるのは、静から動に動くことと、横に振る意識が強いから?

もし?ちゃんと力まずにバットが振れたなら、本当に力を入れるのは、ボールに当たる10cm前後だけ?

このイメージが伝わればバッティングの近道なのかなぁ・・・
posted by 肉団子3兄弟 at 17:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 野球考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「10pの爆弾」バッティングを極めるとそうなるんでしょうね〜 

良し悪しは別として、力んで空振りした様 結構好きな私です。

有名なミスターこと長嶋さんの空振りしてのヘルメット落ち^^ 好きなんです。
Posted by ケロの父 at 2009年02月04日 20:57
インパクトの瞬間だけ力が入っていれば良いという気もするし、逆に、助走期間(力を入れている期間)が長い方が充分に加速されるんじゃないか?という気もするし、フォロースルーをバッチリ決められるのが良いはずだ、なんていう気もするし・・・

うーーーん、バッティングって難しいですね。
でも、力み過ぎて、腕がガチガチに固まっているのはNGだっていうのは解ります^^
そんな状態では振れないですもんね。
Posted by PAT at 2009年02月04日 23:07
子供たちのバッティングを見ていると
バットが振れれば振れるようになるほど
力が入っていきますよね。。
当たらないから素振りする→ボテボテで当たるようになり更に素振り→内野に強い当たりが出る。で更に素振り
この間にバットが強く振れるようになれば良い当たりが出ると認識してしまうのではないでしょうか??
ですから常にフルスィング^^;
バットがしっかり振れなければ話にならないので難しい所ですね。
Posted by 父だぬき at 2009年02月04日 23:20
うちの息子には、メーターがminからmaxに上がる感じでmaxパワーの時がボールに当たる位置というイメージを持たせています。
これがいいのか分かりませんが、バットをメーターの針にイメージしているようです。^^
Posted by スマイルヒット at 2009年02月05日 00:06
ケロの父さんコメントありがとうございました!
小笠原道大選手の空振りも惚れ惚れしますね!^^
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月05日 00:57
PATさんコメントありがとうございました!
理想は、手は縦に下ろすだけで、後は体の横回転による遠心力で、振られる。と考えています。
小さい子にありがちなのが、肩が先に回るので、デッドボールになるような球を打つ素振りになってますよね?
極論、腰→手→肩と考えるとインパクトだけ力がこめることが出来ると思います。
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月05日 09:21
父だぬきさんコメントありがとうございました!
小さい子は、どこに向かって振るのか分かってない素振りをしてますよね?
タイヤ叩きがいいんじゃないでしょうか?
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月05日 09:29
スマイルヒットさんコメントありがとうございました!
とてもいいイメージですね!
最大トルクが発生する場所が、てこ3に書きました拳をバットが追い越す、10cmの爆弾と考えています。^^
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月05日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。