2009年02月03日

戦術

少年野球に戦術はいるのか?


ノーサインで試合をしよう!と極論を言いたいわけじゃないんです。

ノーアウトでランナー1塁

さあ!みなさんならどうします?

普通に考えると、盗塁・バンド・ヒットエンドラン、大まかに分けて3つですよね?

勝つ為には相手がいますから、相手に合わした戦術が生まれます。

相手の弱いとこを突けばいいでしょう。

自分たちの型を作りそれに合わせるのがいいのかな?
でももし?育成を考えれば、戦術より技術修得に割り切れませんでしょうか?


当地域ではトーナメントオンリーなので、残念ですがリーグ戦がありません。

負ければ終わり、勝利至上主義で采配されてしまいがちです。

だからせめて練習試合は、臨機応変なサインに振り回されない、テーマで戦って欲しいです。


盗塁をマスターする!

とにかく塁に出れば試みる!
足が遅く自信がないければサインを出してやる!

自信作のある子はモーションを盗む練習をする!

まず盗塁を試みる気持ちを手に入れる。
それからヒットエンドランや、バンドにステップアップしていけば、転がせばいいのだから、簡単ですよね?

出来て当たり前と、断言できるほどの練習をなかなかやりきれるもんじゃないですよね?

実戦が一番身につく!
posted by 肉団子3兄弟 at 15:46| Comment(12) | TrackBack(0) | 野球考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あくまで私の持論ですが、低学年には戦術はまだ早い。そう思います。

5・6年生になれば、少しづつこうしたところも教えていきたいですね。

Posted by ドラ夫 at 2009年02月03日 20:32
逆の発想ならば、リーグ戦でだらだら戦うより、トーナメントは一戦必勝ですので、これはこれで緊迫感があり その中で戦う事は上達につながる。

と言う考えもあります。

育成を考えれば、戦術より技術修得に割り切ると言う考えも賛成です。

練習試合を有効に活用してはどうかな〜と



Posted by ケロの父 at 2009年02月03日 21:29
ドラ夫さんコメントありがとうございました!
走ると試合が面白い!んですよね!
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月03日 22:39
ケロの父さんコメントありがとうございました!
練習試合でも勝ちにこだわり過ぎる人多いんですよね。
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月03日 22:57
肉団子さんのコメントに対するコメントになってしまいますが
練習試合でも勝ちにこだわる人多いですよね。
試合形式の練習なんですから色々子供たちに経験させるのが趣旨だと自分は思っているのですが・・
少年野球は走ってなんぼ!の世界ではないでしょうか?ですから守備もボールが動いたらボーっと立っている子がいないようなチーム作りをと考えています。
Posted by 父だぬき at 2009年02月03日 23:25
走る意識のある選手がランナーの場合は、どんどん単独スチールを成功させますのでノーサインです。

でも、そうでない選手がランナーの場合は、サインを出してもスタートを切らなかったり、スタートを切らせるためのウェイトのサインを無視して打ったり(そういう時は大体内野フライとなりますね)・・・低学年では、サイン通りに進んでいきません^^;
まぁ、まだまだサインを見てプレーすることを練習している段階ですから、そんなものなのかもしれませんね。
Posted by PAT at 2009年02月03日 23:51
我がチーム、出塁したら必ず盗塁すると決めて挑んだ練習試合を何度もしました。
足が遅かろうがスタートの技術が無かろうが、実践で経験してもらいました。
そういえば、序盤はファーストストライクを必ず打つ、後半はツーストライクになるまでバットを振らないと決めて挑んだ練習試合もしました。
テーマを決めて挑む練習試合は、かならず公式戦で活きてきますね。^^
Posted by スマイルヒット at 2009年02月04日 01:02
父だぬきさんコメントありがとうございました!
受け身のプレーで野球を学ぶのは難しいですよね。
動いた結果は身につくと思います!
これからのチームですよね、沢山経験させてあげてくださいね!
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月04日 09:08
PATさんコメントありがとうございました!
なぜ?サインが出てるのに走らないんでしょうね?
スタートの良し悪しはともかく走っちゃえばいいのにねー^^
とにかく結果論の批評にとらわれているなら、悲しいですよね。 まだ次は4年生のチームですから、これなら誰でもスタート出来る練習が出来ればいいですね!^^
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月04日 09:18
スマイルヒットさんコメントありがとうございました!
素晴らしいチーム作りされてますねー!
この時期になると必ず感じます。
子供の1年の成長ぶりに感心するとともに、我慢して使ってやってればあの子もっと伸びれたんじゃないだろうか?・・・
うちのチームは何時も尻すぼみです・・・
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月04日 09:31
小学生時分って、盗塁するのって相手捕手の肩によってフリーだったり、自重したりと色々なんですよね。
うちの子供たちは小学生時分、味方の盗塁を助けるバッターの役割をくどく教わりました。特に捕手の嫌がらせです(苦笑)。
「捕手の目線にバットを合わせて捕球しずらくする」「バットを引くときは捕手の方向に」「見送り時は一歩足を踏み出して捕手が送球しずらくする」などなど。
これを基本として教わるんですよ(苦笑)。
うちの地域もトーナメント戦ばかりですから、勝つためにはどんな戦法でもしてました。でも、こればかりは信じられませんでした(笑)
Posted by touch at 2009年02月04日 16:03
touchさんコメントありがとうございました!
あらー嫌な話しですよねー
そんな時間があるなら、第二リードや、帰塁の技術とか、完璧に転がすバスターエンドランとか、将来に繋がる技術を練習して欲しいですよね!
小学生には感覚で身に付ける技術を学んで欲しいです。
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月04日 16:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。